目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)

目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)

  • クマとはなんなのか?

    1_クマの分類革命

    目の下のクマでお困りの方は多いと思います。 一般的なクマの分類である、黒・茶・赤・青の分類にはあまり意味がありません。一般人向けに色だけで見分けられるように作られたものだと思いますが、ドクターからすると分かりにくいだけです。
    特に、青クマは血流不良だから温めるとよいとか言う人がいますがそれは誤りです。そもそも健康な人間が目の下だけ血流不良になるのでしょうか。しかも指先とかではなく、顔の中心ですよ。無さそうですよね。
    たしかに青クマは血管の色が透けているものですが、そもそも血管は何色でしょうか。あなたの腕を見てください。血管は青や緑に見えますよね。ちなみにイエローベースの人は緑、ブルーベースの人は青に見えます。
    では手のひらを見てみてください。緑や紫や赤に見えるはずです。血液は赤いです。酸素の多い動脈血は鮮やかな赤色で酸素の少ない静脈血は暗い赤色です。しかし、皮膚越しに血管を見ると光の吸収が起こるため深い血管は緑色、浅い血管は紫や赤色に見えるのです。
    青クマの話に戻りますが、青いということは血管が深くにあるということです。別に血行不良ではありません。腕の血管を温めても変わらないのと同じく、青クマも温めても改善しません。

    私はクマの新しい分類を
    提案します。①出っ張り・②皮膚の透け・③色素沈着。この三つだけです。

    ①出っ張りは眼球の周りを覆っている眼窩脂肪が前に出てしまうことによって起こります。この眼窩脂肪は水分を吸収して浮腫みやすい特徴があります。寝不足や二日酔いの時に目周りが浮腫む原因になります。
    →おすすめの治療は、切らない目の下のクマ取り・目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)・ハムラ法

    ②皮膚の透けは2つのパターンがあります。
    1つは出っ張りクマにより皮膚が引き延ばされて薄くなっているもの。シワの原因になります。
    →おすすめの治療は、目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)・表ハムラ法

    もう1つはもともと皮膚が薄いために奥の色が透けてしまっているものです。目の下は膨らみがなくスッキリしているのに色が目立つタイプです。
    →おすすめの治療は、スネコス・ネオステム・ベビーコラーゲン

    どちらのタイプも透けている筋肉や血管の色や距離によって赤・ピンク・茶色・青などに見えます。皮膚をつまみあげた時に色がなくなるのが特徴です。

    ③色素沈着は様々な要因によって起こります。出っ張りクマによる圧力の刺激で起きることや目周りのメイクでこすりすぎて起きることもあります。皮膚をつまんだ時に色が薄くならないのが特徴です。色素沈着が起きやすい人の特徴は地黒・アトピー体質・わきや鼠径部が黒い人です。
    →おすすめの治療は、美人レーザー・ハイドロキノン

    化粧品売り場へ行くと、「クマは色素沈着です」と言われ高額な美白化粧品を売りつけられることがあります。しかし、クマの色素の主な原因は眼輪筋が透けていることによるものであり、美白化粧品は全くもって無効なんです。切らない目の下のクマ取り・目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)・ハムラ法が根本治療です。 仮に本当に色素沈着だったとしても化粧品レベルの美白剤はあまり効きません。医薬品のトレチノイン+ハイドロキノン療法が最も有効です。

    2_クマの膨らみが出る仕組み

    大きく分けて2つの直接的な原因が考えられます。
    ❶眼球の周りを取り囲む眼窩脂肪が重力の影響を受けると下にずれてしまう。頭蓋骨の眼球があるエリアは丸い穴なので下向きの力は前方への力と変わり、前方に出る。
    ❷眼球を支える靭帯が加齢で緩むと眼球自体が重力で下がり下の眼窩脂肪を圧迫してしまう。圧迫された脂肪は前にぷにっと出る。

    また年齢もクマの間接的な原因です。
    若い人で眼窩脂肪が前方に出る理由は骨と脂肪と眼球の位置関係やそれぞれの大きさ、上顎骨の返しの有無によります。これには遺伝性があり、両親のどちらかも眼窩脂肪が出ていることが多いです。また、出目の人の方が皮膚が薄いためにクマが出やすいです。
    40代以上で眼窩脂肪が出ている人は皮膚や眼輪筋に緩みも出てしまっているケースが多いです。緩むと突出はより加速していき、前方へ行き尽くすと下方へ広がっていきます。下方まで落ちてしまっている人の膨らみを押すとその奥に骨が触れるのがその証拠です。

    さらに頭蓋骨の形もクマの間接的な原因になります。
    眼窩脂肪下にある骨の角が平らだと脂肪をストップさせるものがないので出やすいです。
    角が少しそり立っていると脂肪がストップしやすいです。(SASUKEのそり立つ壁のように)

目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)

目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)とは

この施術は中高年で目の下にシワが複数本できている方に適応があります。目の下の余分な皮膚・眼窩脂肪を切除することで、目の下のクマ・しわ・たるみを改善させます。下まつげのすぐ下を切開するので傷跡は下まつげに隠れて見えづらくなります。メイクができない男性でも、そこまで目立つ傷にはならないので安心して受けていただけます。ただし、中程度のしわであれば『切らない目の下のクマ取り』でも改善する場合が大いにあるので適応は医師が判断させていただきます。
たるみがより強い場合には眼輪筋という目の周りをドーナツ状に覆っている筋肉の一部を頬骨の骨膜に固定する処置をして、リフトアップさせる方法を追加することがあります。

こんな方におすすめ

  • 目の下に膨らみとたるみがある

  • 目の下の皮がつまめるくらい余っている

  • 老けて見られてしまう

  • クマが目よりかなり下まで落ちてきた

適応

  • 目の下の眼窩脂肪が長年皮膚を押し続けると皮膚が薄くなり風船のようになってしまいます。この状態では脂肪のみ切除しても皮膚がしわしわに余ってしまい見栄えが悪くなってしまいます。目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)は余った皮膚もなくなるので見た目は非常に若返ることが出来ます。目の上にもたるみがある場合には眉下リフトや目の上のたるみ取り(上眼瞼除皺術)の組み合わせもおすすめしています。
    また、若い方でも眼窩脂肪が非常に多い場合には目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)が適応になるケースもあります。

その他の治療との比較

  切らない目の下のクマ取り
(経結膜脱脂術)
目の下のたるみ取り
(下眼瞼除皺術)
ハムラ法(表・裏)
施術概要 目の下の粘膜から眼窩脂肪を適量切除する 下まつ毛のすぐ下を切開し余った皮膚と眼窩脂肪を適量切除する 眼窩脂肪を目の下の凹みの部分にずらして固定する
お手軽度 ★★★★★ ★★★★ ★★★
ダウンタイム 数日程度 1〜2週間(1週間後抜糸) 1〜2週間(1週間後抜糸)
施術時間 10分~15分 45分〜60分 60分〜75分

詳細情報

  • 施術名

    目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)

  • 施術の説明

    下まつ毛のすぐ下を切開し余った皮膚と眼窩脂肪を適量切除する施術

  • 施術時間

    45分〜60分程度

  • ダウンタイム

    痛みは数日、内出血や腫れは1〜2週間程度(1週間後に抜糸あり)

  • 洗顔・シャワー

    翌日から可能

  • 麻酔

    局所麻酔(ブロック麻酔・静脈麻酔・痛み止め点滴も追加可能)

  • ごくまれに起こりうるリスク

    血腫・凹み・たるみ・左右差・感染・アレルギーなど

施術の流れ

  • Step01カウンセリング

    医師が目の下のクマを確認し、適応を判断し、完成型を綿密にシミュレーションします。

  • Step02施術

    極細の針で局所麻酔を注入していきます。皮膚を切開し、眼窩脂肪を摘出して、余分な皮膚を切除してから丁寧に縫合します。オプションとしてブロック麻酔や痛み止め点滴や静脈麻酔などをご用意しています。

  • Step03アフターケア

    術後は縫合糸がついたまま、小さな固定テープを貼ったままお帰りいただけます。マスクや帽子を併用して目立たないようにすることをお勧めします。別途、お薬の処方があります。

料金表

目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術)
詳細を見る

目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術) ショート 173,800円
目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術) ロング 343,000円
目の下のたるみ取り(下眼瞼除皺術) パーフェクト 547,800円

※記載は両側の金額です。片側の場合7割の価格になります。価格は全て税込みです。

  • INFORMATION

    〒194-0013 東京都町田市原町田6丁目21−32 Grest町田 4階

    小田急小田原線 町田駅 徒歩3分
    JR横浜線 町田駅 徒歩3分

  • OPEN TIMES

    営業時間:10:00〜19:00(不定休)

    営業カレンダー

    営業日カレンダー

  • APPOINTMENT